活動レポート

用途に合わせたボディアート

人気はボディジュエリーアート

キラキラなラメを使った「ボディジュエリーアート」はお肌に直接纏うアクセサリー代わり・数日間保てることもあり人気です。
11866437_902203726521409_8653226143946318413_n.jpg
ラメの色数は50色以上。華やかに飾りたい時にはボディジュエリーとスワロフスキーのストーンシールを合わせると目立つこと間違いなし。ブライダルやお祭りイベントなど、目的やお好み・予算に応じてデザインを作成していきます。

ボディジュエリーアートの手順は下絵を元に、お肌専用のノリでなぞり、ラメを振りかけて定着させ砂絵のように描いていきます。
絵柄を落とす際はクレンジングオイルなど、油分に弱いのでゆっくりと撫で落としてください。

15493666_1211462538940600_2552621184868067515_o.jpg

施術方法はいろいろ

大きく複雑なデザインほど施術時間が長くなりますし、絵柄を落とす際もしっかりノリがついてますので時間がかかります。

時間を短縮したい場合やすぐ絵を取りたい場合はアルコールで落とせるインクを使用したボディアートにしたり、ボディジュエリーシールなど対応もできます。

まずはお早めにご相談ください。

ボディアートに使用する材料はすべてお肌専用のものですが、お肌が弱い方・アレルギーをお持ちの方・心配な方は事前にパッチテストをオススメいたします。

お肌を染めるアート

赤茶色に染まるメヘンディ

メヘンディはインドや中東で育つミソハギ科の植物の葉を乾燥させパウダーにしたものを練り、ペースト状のものでお肌に伝統的模様を描き染めていきます。
10517462_679763395432111_6224735845074119446_n.jpg
ペーストを乗せている状態(画像)を数時間。ペーストを剥がすとお肌の角質が赤茶(オレンジ)に染まってます。

10299921_661720320569752_3165245070254159290_n.jpg

紺色に染まるジャグアタトゥ

ジャグアタトゥは南アメリカ原住民の部族の伝統文化で、ゲニパアメリカーナというフルーツで描き染めます。ペーストを乗せている状態(画像)を数時間。ペーストを剥がすとお肌の角質が紺色に染まっていきます。

染まり具合は体質により差がありますが、一度染まると1〜2週間ほど消えません。植物アレルギーやピーナッツアレルギーなどお持ちの方はご遠慮ください。

メヘンディとジャグアタトゥは体質・体温・状況などで染まり具合が左右されます。湿度があって気温の高い夏季がオススメです。

ボディアート料金

ボディジュエリー
¥3,000(約10*10cm)〜

*サイズやデザインに応じて金額が変わります。

お肌のカバーアップ
¥7,000(約10*10cm)〜

*肌色の専用塗料でタトゥや傷痕を目立たなくします。

その他のボディアート
¥5,000〜

*材料はご予約いただいてから発注する場合もありますので、まずはご相談ください。

 ◆ まずはお問い合わせください。

     ご用途にあったボディアートのご相談承ります。
     デザインや日時・お見積もりなど、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

mail.png